Crypt of the NecroDancer

2014-10-17_00005

 

Steam紹介2作目「Crypt of the NecroDancer」のご紹介。

NecroMancerじゃないよNecroDancerさ!

 

一見すれば普通のローグライクと代わり映えしないゲームだけど、

ゲームのジャンルとすればリズムゲーム+ローグライクという斬新な足し算によって生まれた神ゲー。

 

ルールは基本よくあるローグライクとなんら変わらないけど、

プレイヤーはBGMのビートに合わせて移動や攻撃を行わなければいけないという

音ゲーが泣くほど苦手な(太鼓の達人の一番簡単なやつでもミスするほど)かもねさんには辛いゲーム。

何で買った。BGMがかっこよかったんだもん…。

2014-10-17_00004

普通にショップで買い物ができたりする(店主がBGMに合わせて美声で歌ってくれる)

 

普通にプレイする分には、ビートミスしても大きなペナルティは無い(拾えるお金が減る)のだけど、

プレイアブルキャラの中にはビートミス=死みたいな超難度キャラもいるようです。

 

ローグライクを普通プレイする時って、

「あのチ○タラは次のターンこっちに来るから、一回空振りしといて先制とって…ダメージくらったら弟○草で…」

みたいに考えながらプレイできるけど、ビートが強制的に進むので考える暇なく敵がやってきたり、

空振りできないシステムなので壁掘って一拍空けたりとか、2ターンに一度しか行動しない敵とか出てくると

もうこんがらがっちゃってダメージくらいまくるのが大抵です。

 

アイテムを店で買っても大した説明が出るわけでもないので、買ってみたら射程が前方横5マスだったとか

喰らったら壊れるガラス製の防具だったとか、常に頭が混乱する、冷静になれない。

縦に揺れる体、刻まれるビート、情熱と律動の狭間…。なんだこのゲーム。気づけば20回くらいリトライしてる。

2面を。

 

2014-10-17_00002

まだアルファー版らしいけど、内容は十分。お値段も¥1480-とそんなに高くない。

 

攻略のコツは敵の行動パターンとアイテムの特性を覚える事。覚えゲーです。

でも、上手く連続で攻撃が決まった時とか、敵の大群をノーミスで捌けた時爽快感はすごい。

そしてBGMがかっくいい。ボス戦もすごいイカす!

 

コイツで暫く音ゲー矯正してきます。

 

 

■この記事を書いた人

Kamo'ne
Kamo'ne
オープンワールド、アクションMO・MMO大好き人間。
ネトゲでは必ず魔法使い系でプレイする傾向にあり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.