褒めて伸びるタイプ

5268f1928b0e3

 

2日間ネット繋がらないだけで死ぬかと思ったpiggyです
ネット接続不良はマンションの集合装置の電源が抜けていたことが原因だったようです
どうせ金払ってなくてプロバイダ止められてんだろとかよくも好き勝手言ってくれたな、あん?
その後出張修理により無事復旧しました
今回はその時の話

出張修理にやってきたのは入社して1~2年程度の新人と思われる20歳そこそこの男性
ネットの接続の仕方から配線の繋ぎ方まで全て先輩に電話で聞きながらの対応のため、作業が全然進まない
しかしそこはさすが仏のpiggy、自分に非は無いとはいえ決して偉そうな態度を取ったりはしない

理由は電話の声がこっちに丸聞こえだったから
先輩が電話先で怒鳴る怒鳴る
確認するのはそこのランプじゃねーだろ!ちゃんと線正しく繋がってんの!?
こんなセリフが電話口から延々聞こえる

新人も電話先の先輩に謝り、横にいる俺に更に謝る
俺もさすがに気の毒になって「わざわざ来てもらってすみません」と何故か新人に謝る謎の三角関係

痺れを切らした先輩が遅れて訪問
「お邪魔します~ご迷惑かけて申し訳ありません」
あれ?めっちゃ先輩いい人そうじゃん、まぁお客の前だし当然か、なんて思っていたら
「いいか?まずここ確認するの!わかる!?」
「ほら、ここにWAN設定あるだろ!ちゃんと見ろよ!」
電話口と同じ口調で新人を捲し立てる先輩
すぐ横に俺いるのによ!?
ラーメン屋とかで従業員怒鳴りつけてる店主いるけどあれとまったく一緒
そういうのはせめて客に見えないところでやってくれないかな
新人も萎縮しちゃって汗ダラダラかいてるわけよ
これは完全に教え方を間違ってるでしょ

知識や経験や実績がある人が必ずしも指導者として優れているわけではない

これは教師とかスポーツの監督みたいな職種にも言える
実績と指導力ってのは比例しない、関係がないわけではないけどまったく異なる才能

生徒や選手の結果ばかりに目が行きがちだけど、日本では肝心の指導者がまったく育っていない
教わる側を採点するのと同じように、教える側も採点するべき
指導する側を評価していく土壌作りこそ今後の課題

piggyは褒めて伸びるタイプ、これを見極められない指導者は2流

■この記事を書いた人

piggy
piggy
いい不満のはけ口見つけました
この投稿者の他の記事

3 thoughts on “褒めて伸びるタイプ

  • TyoTyo
    2015年5月7日 at 17:57
    Permalink

    そんなことより原稿まだですか?

    Reply
  • Kamo'ne
    2015年5月7日 at 20:27
    Permalink

    不満そっちかよ!

    ちなみに僕は叩かれて伸びるタイプ。
    鉄は熱いうちに打てといいますからね。
    若いうちは叩いてでも伸ばすって思考の人が多いんでしょう。

    ちなみに叩かれて伸びる金属の性質を「展性」といいます。
    私のこの性質もまた「天性」。

    まいったね、どうも。

    Reply
  • 2015年5月7日 at 20:46
    Permalink

    かもさんの天パも叩いたら伸びる?叩いていい?

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.