FF14はなぜつまらないのか

1278194531524

かもさんに喧嘩を売っていくスタイル
この題名、俺の中での答えは決まっている「公平」さを重視しすぎているからだ

ドロップでの不公平感を無くすために装備をトークン交換方式、性能は一律
さらにプレイ時間で差が付かないようにそこに週制限を付ける
ドロップ運が絡むものは基本的に強さとは関係のない見た目装備にする
職差での不公平感を無くすために個性を抑え横並びにする
一人死んだら皆死ぬ

これがFF14、不満を極限まで排除した公平なシステム
皆で仲良く一緒にゴールしようみたいな人達にとっては理想郷のようなゲーム

でも俺が思う面白さってのはこうじゃない

ドロップは完全にランダム、更にOPで大きな差をつける
プレイしたらプレイした分だけの見返りがある
ドロップ運で一発逆転最強
個性的な職、強職使って俺TUEEするもよし弱職を極めるもよし
一人生き残ってソロで倒しきるドロップ独り占め、死んだやつが悪

俺は全てにおいてこっちの方が断然面白いと思う
賛否両論あるだろうけど俺が言いたいのは
面白さを追求する上で公平さってのは不必要ってこと
ゲームバランスは大事、でもユーザー間が公平である必要はない

手に入れてない奴がいるからそのアイテムに価値が生まれる
全員配布されているアイテムに価値はない、ネトゲにおける面白さは絶対的なものではなく相対的なものだ
不公平だからこそ面白い

面白さってのは面白くない奴の犠牲の上に存在する

金銭が絡まず純粋にネトゲの面白さを追求する上で
「公平さは面白さを損なわせる」と俺は考える
異論は認める

8 thoughts on “FF14はなぜつまらないのか

  • Kamo'ne
    2016年4月29日 at 14:33
    Permalink

    まず、はじめにこれだけは言っておかないと誤解を生むと思うので言っておこう。
    「僕もFF14はつまらないゲームだと思っている」と言う事だけは覚えていてもらいたい。

    じゃあなんでやってんの?って言われると他にやりたいのが特に無いから。

    ぴぎ氏のようにネガティブな方向で考えると、
    実を言うと僕もこのゲームに関して言えば全く同じ考えである。一部を除いて。
    ぴぎ氏と意見が合わないのは以下の部分。

    ①一人生き残ってソロで倒しきるドロップ独り占め、死んだやつが悪
    ②個性的な職、強職使って俺TUEEするもよし弱職を極めるもよし

    ①について。
    悪にする必要はない。死んでまで仲間を守った、あるいは死ぬ事で他の仲間が助かった等の
    必要な犠牲によって死んだプレイヤーに対して不公平「過ぎる」点。
    確かにソレを省みず身を挺したのであれば賞賛に値するが、意図的に粗雑なプレイで味方を苦しめる等が出来ると
    このシステムには欠陥があるようにしか見えない。
    古きよきMMORPGなんかではよくあった手法だろうが、流石に古すぎるのではないか?

    ②について。
    真っ向から否定するわけではない。
    ただ、強職・弱職がハッキリとしすぎているのは問題。
    こうであれば納得できる。

    強職=操作簡単・お手軽に俺TUEEEが出来る。
    弱職=操作複雑・使いこなせば強職に並ぶ。(あくまで並ぶだけ、超えてはいけない)

    そうじゃなくてホントに強い弱いだとそもそも職の意味が無くなる。
    趣味でも使えないとプレイヤー間で淘汰される問題が浮き彫りになる。

    結論を言うと

    ・プレイヤー間の不公平はあってもいい
    ・ただしソレはプレイを継続する上での障害となってはいけない(プレイヤー間モラルを含め)
    ・さらに言えば不公平が長期化しすぎると飽きる
    ・課金が絡まなければぴぎと同意見

    です。

    冒頭で「ネガティブな方向で考えると」と述べたが、
    逆に「Master of Epicはなぜ面白かったのか」と考えると分かりやすいと思う。
    次回はソレに期待したい。

    Reply
  • piggy
    2016年5月1日 at 13:17
    Permalink

    ちょっと極端に書いた部分もあるから反論もうなずける

    かもさんの結論にも概ね納得、もうちょっと議論したかったけどおしまい

    Reply
  • 2016年5月2日 at 03:58
    Permalink

    ソロゲーができないからつまんない
    チームプレイ前提のゲームシステムは萎える
    無言でのオートマッチングシステムは本当に萎える

    Reply
    • Kamo'ne
      2016年5月2日 at 13:18
      Permalink

      MMORPGっていうジャンルでソロが出来る範囲って決めるの難しいと思わない?
      MoEで言うならなんでもソロできちゃうから、ウン様占領したりエイシスに業者沸いたり
      メビウスを沸いた瞬間酩酊罠でひたすら張り付いたり、無謀にも火牛ソロで倒そうとするやついたり
      問題点は色々あったと思う。
      全部レイド化しろって言うとMoEのMMOっぽい良さもなくなるし難しい。

      Reply
      • 2016年5月2日 at 14:09
        Permalink

        バランスがPT前提での調整がされすぎている気がする(ID以外でも)
        アイテム稼ぎもIDでやればいいからFieldではゴミしか出ない
        HP・MPは戦闘態勢が終わればオートリジェネ
        ソロで何でもやらせろとは言わないけれど、ソロで出来るのが自動で湧き上がるFateとクエ回し
        人が多いサーバーならFateもやりやすいけど過疎鯖なら達成ほぼ不可能なFateもあるしうーん

        Reply
  • piggy
    2016年5月2日 at 17:44
    Permalink

    どっちの意見もわかる
    かもさんが言うように張り付きとかってMMOの問題点だと思う、要するに特定の人が利益とか遊び場を独占する状態
    結局その部分の不公平感を無くすのに一番簡単な方法はMO化することなんだよな
    でもなんでもかんでも価値のあるアイテムはID産ってなったらそれはもうMMOって言えるのか疑問
    結局ある程度の張り付きやらは必要悪なんじゃないのかって思う

    Reply
  • 2016年9月12日 at 04:21
    Permalink

    ff14にだけ限定して言えば、吉田が言っていたレベリングなんてなくていいが答え。
    エンドコンテンツがメインであり、全て。それ以外はおまけ。

    いっその事、MMORPGというより、キャンペーン型のサンドボックスにして、
    エンドコンテンツの内容、スタート時の状態などを指定して、
    決まった期間内にクリアできるかにチャレンジするという、
    全くの別ゲームにしてしまった方が人気が出たんじゃないかと思う。
    ストーリーは操作に慣れるためのチャプターにでもすればいい。

    Reply
    • Kamo'ne
      2016年9月18日 at 11:06
      Permalink

      authorが恐らく気づかないと思うので出しゃばって返信させてもらおう。

      さてそれがFFの名を冠して出すに足りうるゲームなのかと言われると、
      さすがに初めて見た人には衝撃が強すぎて拒絶反応出るんじゃないかと思うね。

      現状のFF14を良くプレイしていて、エンドコンテンツの楽しさを理解できる人からしてみれば
      それは面白いゲームにはなるかもしれない。
      しかしながらPS3、4から流入してきたオンラインゲーム初めてですって人からしてみれば
      「FF」であることと「MMORPG」であることのイメージにそぐわないんではないかな。

      特に今、巷のアニメなんかではネトゲをモチーフにした作品も多くあって、
      そういうのに憧れて入ってきた人も少なからず居るわけで、
      そういう人に買わせたら勝ち、ではなく長く続けさせるためのおまけコンテンツの提供ってのは
      マーケティング的にも、今後の存続にも結構重要なんじゃないかなって思う。
      結局月額ゲーなんだしね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。