12時間耐久LOL

f30958cd755398f5d09330636a780fb3

12時間耐久LOLお疲れさまでした

a2cdd11d02bddeebbaacf0e7a2bb3a27

16戦8勝8敗

毎回1stPic&徹夜明けの疲れもあり、結局思考停止でSionサポートばっかり選んでましたが

新たなSionサポの強みを確認することができました

①先Picしてもレーンが分かりづらく、相手がカウンターを取りづらい

②Ultがあるのでmid方面への寄りが早い、CC無効なので逃げスキルとしても優秀

③Push力が半端じゃないのでADC不在でも1:2でタワーを守ることができる、後半どんなビルドでもレーンを高速でPushできる

④TankなのでTop、Junglerの自由度が広い

⑤Jinxのとダンスの相性がなんかいい

⑥Kog’mawサポートとの相性がいい

①、②、③、は同じTankサポのLeonaにはないSionならではの強みだと思います

 

しかし完全無欠と思われたSionサポでしたが相性の悪さを感じる試合もいくつかありました

敵として戦いづらかったのが2キャラ

Namiサポ(QにQ合わせられる)

SivirADC(Q見てからシールド)

他のキャラに対しては基本的にレーン負けすることはなく、上記2キャラも絶望的というほどではありません

スタートアイテムはRelic+ワード+赤ポ

帰還時はRelic進化(1段階だけ)→Ruby→Sightward→靴→サンファイアの順

Push前提なのでワード2個以上は毎回必ず買います

絶対にGankを受けて死んではいけません、ワードがない時はPushしないこと

Gank絡みでのdeathは全面的にSionの責任だと思ってプレイしましょう

お金に余裕があってSightwardが買える時は優先して買ってしまう方が良いでしょう

 

味方ADCとの相性一番はVarusかなと思いました、ハラス、Pushは完全にSionに任せCSだけ取る、SionのEが当たったのを確認してからQ溜めて当てるだけのお仕事です

もしSionがE→Q→Ultで仕掛けた場合一緒にUltで合わせてKillです

Varusに限らず、基本的にSionのE→Q溜めを見てからハラスに行けばダメージ交換で負けることはありません、相手が反撃に出た場合SionのQが確定する為です

逆にこのパターンを阻害することができるNami、Sivirのような相手の場合注意が必要です

Morganaは設置型の沼があり、溜めが必要なSionに対して一見カウンターに見えますがスネアでQは止まらないのでむしろ楽な部類と言えるでしょう

 

次点でEz、これはEzのPush力の低さをSionが補うことができる為、弱点がなくなります

PushすることでQを当てるのも楽になり、Sionの仕掛けにもEで反応、SionUltで距離が離れている場合にも拘束した相手にUltと隙がありません

同じブリンク持ち、且つ足止め相手にバーストを出せるGraves、Lucianもいい選択でしょう

 

+実践することはできませんでしたが個人的にはAsheとの相性がいいのではと思っています

Lv6になったLeona&Asheと同じようなシナジーを得ることができるでしょう

最近流行のKalistaも忘れてはいけません、Sion以上に投げやすい弾はないでしょう

Jinxも悪くないと思いますがSionのE→Qにスネアを合わせる為の立ち位置が難しいです

 

逆に元々Push力があるCaitなどはせっかくの強みが被り、少々勿体ない選択と言えるでしょう

 

一応、Sionの弱みも書いておこうと思います

皆さんお分かりだと思いますがQ、UltのCCに安定性を欠いていることです

精度は状況、タイミング、相手のPSに強く依存します、つまり避けられやすいということです

その為、ADC側から仕掛け、Sionの合わせを期待するのではなく、SionのQを見てから行けると判断した時のみ合わせるスタイルでいくことが大切です

負けるパターンとしてADCが仕掛ける(もしくは立ち位置が甘い)→敵がダメージ交換に応じる→SionがQ及びUltを外す→ADC捕まる

これが大部分を占めます

逆にSionが捕まった場合は問題ありません、ADCは強気でどちらかに攻撃を続けましょう

パッシブで復活したSionの強さは尋常ではないので1体相討ちに持っていくことは容易です

とにかくPush負けは絶対にないので基本的に安全行動を心がけ、SionのQを見てから仕掛ける、これを徹底することがレーン勝利に繋がるでしょう

 

2回に渡るSionサポの考察はこれで終わりです

結論としてNerfが来るまでOPなのは間違いありません

皆さんお疲れ様でした

■この記事を書いた人

piggy
piggy
いい不満のはけ口見つけました
この投稿者の他の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。