沖縄の海とSF

nacun

 

昨年ビックコミックスペリオールで連載されている、ムシヌユンという昆虫SF漫画を読み、妖しげな作風に魅了されました。

そこで作者である都留泰作の前作であるナチュンを読んでみたところ、これもまた素晴らしい漫画だったので、その所感をば。

 

————————————————

 

一巻の舞台は近未来の沖縄離島。ある天才数学者が残したイルカが映ったビデオテープを見た主人公は重大な何かを発見し、世界征服を目論むのだが、まずはイルカの研究のため沖縄に向かう。

しかし話はトントン拍子には進まず、なんやかんやで漁師の助手をすることになった主人公は、イルカとコミュニケーションを取る謎の無口美女と出会う。

0967ba4d22bdb6d82d5244f5e238cb10

展開は暫くの間漁師の生活を追い、時折無口美女との絡みが描かれるのだが、イルカを始めとする海洋生物が非常に緻密に書き込まれており、見応えがある。

二巻でも舞台は同じまま、主人公は貧乳な人妻美女とデートしたり穏やかな時間を過ごすが、終盤に向かうに連れて物語は不穏な展開を見せ始める。

 

三巻序盤での急展開からめまぐるしく舞台が変わり、目が離せなくなる。閉鎖的な離島土着の風習、信仰、神秘的な力から始まり、件のビデオテープを中心に、集団的な実験、バチカンでの陰謀、民族間の紛争、世界規模での異変。そして神とは存在するのか、それは何か、というテーマにも行き着き、また海へと還る。

 

056a21694e5d9239448e475576a7247b

 

一読しただけではわからなかった箇所も多く、様々な要素が絡み合っているので難解だが、とにかく読み応えがある。ムシヌユンでも強烈に感じた、エログロを含めた妖しさがエッセンスとして散りばめられているのも魅力的だ。

 

SF、海洋学、進化学、神学と科学の境界、哲学、貧乳な人妻美女等に興味が有る方はマストリード!全六巻!

※メインヒロインは巨乳なので気をつけて下さい。

■この記事を書いた人

TyoTyo
TyoTyo
好きなジャンル:ネトゲ全般、ハクスラ、ローグライク、RPG、雰囲気ゲー、カード、SF、MOBA、パズル
ダメなジャンル:ホラー、FPS、スポーツ

よくプレイするゲーム:
League of Legends 身内でのノーマルとARAM中心。ジャングル以外ならどこでも。
Path of Exile SCのチャレンジリーグ。新リーグを一ヶ月くらいやって止めての繰り返し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。